離乳食 野菜の保存方法と栄養満点レシピ

野菜スープは離乳食の初期から後期まで使え万能スープです。野菜の保存方法から栄養満点野菜スープレシピまで紹介しています

離乳食を進める時のポイント

母乳やミルクを飲むことしか知らなかった赤ちゃんが、「食べる」ことを覚え、食事から栄養をとれるようになっていく過程を「離乳」といいます。


その練習期間に赤ちゃんが食べるのが離乳食です。

離乳は5・6ヵ月頃からおよそ1年くらいの期間をかけて、赤ちゃんの様子を見ながらすすめていきます。

離乳をすすめるにあたって大切なことは、まずは口の発達を促すことです。

母乳を「飲む」のは生まれながらにできますが、「食べる」という口の動きは実は学習して覚えていくものです。


上手に離乳をすすめるには、赤ちゃんの口の動きの発達に合わせて、食べる動きを促してあげることが大切です。

その時期の赤ちゃんに合った固さ・大きさのものを、赤ちゃんの口の動きに合わせて食べさせてあげましょう。

次に赤ちゃん本位ですすめることが大切です。

大人にも食事の好みや食べる量の違いがあるように、離乳のすすみ具合も赤ちゃん一人ひとりで違います。


早くすすめればいいというものではありません。

月齢はあくまで目安であって、赤ちゃんの様子をよく見て、赤ちゃんに合ったペースですすめることが大切です。

そして赤ちゃんに食べる楽しみを教えてあげましょう。

離乳食が始まると、どうしても食べる量やすすみ具合が気になるものです。

手間をかけて作った離乳食を食べてくれないのもママにはつらいものですが、食べさせようとあせったり、無理に食べさせようとするのは禁物です。

赤ちゃんが「食べるって楽しい!」と感じられるように、お食事タイムを一緒に楽しみましょう。

げんきタウンのシンプルなお菓子

げんきタウンは植物性の原料(国産、有機)を主体に、添加物は一切使わず、ケミカルな加工もせずにシンプルなお菓子を製造しています。

例えば、岩手県花巻産の栽培期間中無農薬のひえ・あわは、精白されると一見きれいに見えますが、精白時のヌカが粒の周りについています。


そこで、まずこの小さな雑穀の粒の洗いから入ります。


洗いをかけるとブクブクとヌカやアクが取れていき、これを8時間かけて乾燥させげんきタウンの洗いひえ粒、あわ粒が出来上がります。


さらに粉に挽かれたひえは真っ白でエグミの無いひえ粉になります。

また、国産有機栽培米は玄米で入荷し、定温に保たれた倉庫で保管されます。


鮮度の良いお米を原料にするため精白は細かく分けてこまめに行なっています。

循環式精米機というお米同士をすり合わせて精米する機械を使い、2時間かけて30キロの玄米から20キロの高度精白米に仕上げます。

贅沢に磨き上げたこの高度精白米が「有機上新粉」と「有機赤ちゃんポンポン」の原料になっていきます。

さらに、国産有機のさつま芋・にんじん・かぼちゃなどは、旬の時期に取れた野菜を加熱処理して自然の甘みを引き出し少量づつ小分けして冷凍庫で保管されています。


繊維質をたっぷり残したこの野菜たちがげんきタウンのお菓子の自然の甘さの秘密となっています。

シンプルなお菓子は、噛み締めるたびに素材本来の苦み、辛み、酸味が伝わります。

離乳期の赤ちゃんのお菓子には、有機お米ポンポンや玄米ポン、またニンジンやかぼちゃのベジタスティックなどいかがでしょうか。

レトルトパウチの離乳食を選ぶポイント

1日中時間に追われている子育て中のママにとっては、レトルトパウチの離乳食は便利でとても助かるものです。

時間がないときはもちろんですが、外出する時に持っていったり、子供の成長に合わせて普段の離乳食に追加したりと大変便利です。

 

また離乳食を作るのが初めてのママにとっては、離乳食の月齢に合わせた食材の大きさ、固さ、形を見れて、手作りする際の参考にもなります。

 

さらにレトルトパウチの離乳食の魅力は、自分ではなかなか作りにくい食材を赤ちゃんに与えられることにあると思います。


「できるだけ赤ちゃんのうちからたくさんの食材に慣れて、好き嫌いのない子に育ってほしい」と願うママは少なくないはずです


そんなレトルトパウチの離乳食を選ぶ際に気を付けることは、まずは、使用月齢です。
パッケージに書いてあるのを必ず確認しましょう。

 

また、メニュー名や栄養バランスをチェックしたり、原材料名、アレルギー物質表もチェックするようにしましょう。

 

赤ちゃんの体をつくる大切な食事として素材をしっかりチェックすることは大切なことです。

 

市販の離乳食に期待することは、栄養バランスはもちろん、野菜が多く入っているであるとか、使われている食材の数や調理しにくい食材が使われていることも重要です。

 

これらの情報はパッケージに書かれているので、今後も赤ちゃんの大切な食事を選ぶ際はしっかりとチェックしましょう。

 

また、有機や無農薬、無添加のものを選べば安心して赤ちゃんに食べさせてあげることができるのではないでしょうか。

和光堂のベビーフード

普段使っている離乳食をプレゼントして欲しいというお母さんには喜ばれるのが和光堂のベビーフードです。

おかずとお米がセパレートされたタイプもあり、とても便利です。


ギフトとしてもとても種類が豊富な上、お値段も1食150円(税抜き)くらいからあるので、たくさんの量をプレゼントすることができます。

和光堂は、「ずっと、赤ちゃん品質」という言葉をブランドステートメントとして掲げていて、国産初の育児用ミルクやベビーフードを開発し、100年以上にわたりずっと赤ちゃんの健やかな成長のお手伝いをしてきた会社です。

 

何よりも大切でデリケートな赤ちゃんのための育児品は、安全で、子育てをする方が安心して使えるものでなければなりません。


そのために品質は一番大切な価値と考えられています。

そんな和光堂では、「ずっと、赤ちゃん品質」を、商品づくりにも、原材料にも、製造工程にも貫き通しています。

原材料は品質重視でトレーサビリティが取れるものを選定しており、野菜の場合は農薬散布や収穫方法などの栽培管理から検品方法にいたるまで確認しています。

また、収穫物の残留農薬検査をはじめ、必要な検査を行い、安全なものだけを使用しています。

さらに、原材料の品質監査としては、定期的に製造工程の品質監査を行うことで、原材料の品質を維持しています。

和光堂では安心して商品を選ぶことができるように、ベビーフードについては、使用している原材料と主な原材料の原産地情報をホームページ上で公開しています。

無添加のお粥の離乳食

無添加で仕上げたお粥の離乳食GreenMind(グリーンマインド)は、材料のお米は契約農家がつくる兵庫県三田産米コシヒカリを使っています。無添加のお粥の離乳食
----------------------------------------------------------------------------------


精米したてのお米を丁寧に炊き上げ、添加物は一切加えずに仕上げているので、雑味がなく毎日でも安心してお召し上がりいただけます。


赤ちゃんの成長にあわせ『とろとろ』から『つぶつぶ』まで4種類の異なる食感があり、離乳期を通して長く使うことができます。

お米だけのレトルトパック商品なので野菜は自分で添える必要があります。


「お米だけ欲しい」と思っているお母さんへのプレゼントであれば喜ばれるのではないでしょうか。

 

毎日ご家庭でつくる副菜にあわせたり、お出かけや海外旅行、非常時の備えにもとても便利です。

 

目が見えなくても匂いや感触でママを認識できるぐらい赤ちゃんの感覚は研ぎ澄まされています。


そんな赤ちゃんに余計な味付けや添加物は不要です。
変な味付けがないからママのひと手間と愛情で使い方が広がります。


無農薬、減農薬農産物で作られたベビーフードはまだまだ限られいます。


赤ちゃんは食べるものを選ぶことができません。


代わりに私たち大人がしっかりと安全を確かめる必要があると思います。


目に見えないものから小さなからだを守るために。


グリーンマインドの「赤ちゃんのためのお粥」の原材料は、残留農薬検査、放射能測定検査を実施したものしか使用していません。

 

赤ちゃんのためのお粥は常温保管で賞味期限は6ヶ月。
1食(80g)税込み324円で販売されています。

オーガニック野菜のお取り寄せ

赤ちゃんの離乳食が始まる頃はママにとっては何かと忙しい時期ですが、なるべくママ手作りの離乳食を食べさせてあげたいものです。

オーガニック離乳食とは、化学合成肥料や農薬の使用を、三年以上避けた畑で栽培された野菜や果物を使い、調理の段階でも有機素材の品質を損わないように作られ、厳しい基準のもとに生産・管理されたもののことをいいます。

また、赤ちゃんの離乳食を手作りするためにオーガニックの野菜をお取り寄せすることも出来ます。

大地を守る会の「大地宅配」は、最近では新聞や雑誌などのメディアなどでも紹介されていて、知名度が急上昇中の野菜宅配サービスです。

こだわりの農家さんが作る安心・安全なものだけを取り扱っているとのことで、お試しセットも用意されています。
クロネコヤマトのクール便で届くので、全国どこからでも注文できます。

お試しセットには、トマト・ジャガイモ・ほうれんそうなどの野菜に加えて、ヨーグルトや豆腐なども入っていて送料込みの1980円でお試しできます。
野菜ペーストなどの離乳食をおかゆに混ぜてあげれば、手軽で簡単に離乳食レシピのレパートリーが広がります。

オーガニック野菜などに興味のある方は、試しにお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

できれば手作りの離乳食が一番ですが、ママが忙しい時やお出かけする時などには市販されているベビーフードがあるととても重宝します。
市販のベビーフードでもやはり、オーガニックのものが人気のようです。

オーガニック野菜のお取り寄せ

赤ちゃんの離乳食が始まる頃はママにとっては何かと忙しい時期ですが、なるべくママ手作りの離乳食を食べさせてあげたいものです。

 

オーガニック離乳食とは、化学合成肥料や農薬の使用を、三年以上避けた畑で栽培された野菜や果物を使い、調理の段階でも有機素材の品質を損わないように作られ、厳しい基準のもとに生産・管理されたもののことをいいます。

 

また、赤ちゃんの離乳食を手作りするためにオーガニックの野菜をお取り寄せすることも出来ます。

 

大地を守る会の「大地宅配」は、最近では新聞や雑誌などのメディアなどでも紹介されていて、知名度が急上昇中の野菜宅配サービスです。

 

こだわりの農家さんが作る安心・安全なものだけを取り扱っているとのことで、お試しセットも用意されています。


クロネコヤマトのクール便で届くので、全国どこからでも注文できます。

 

お試しセットには、トマト・ジャガイモ・ほうれんそうなどの野菜に加えて、ヨーグルトや豆腐なども入っていて送料込みの1980円でお試しできます。


野菜ペーストなどの離乳食をおかゆに混ぜてあげれば、手軽で簡単に離乳食レシピのレパートリーが広がります。

 

オーガニック野菜などに興味のある方は、試しにお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 

できれば手作りの離乳食が一番ですが、ママが忙しい時やお出かけする時などには市販されているベビーフードがあるととても重宝します。


市販のベビーフードでもやはり、オーガニックのものが人気のようです。