離乳食 野菜の保存方法と栄養満点レシピ

野菜スープは離乳食の初期から後期まで使え万能スープです。野菜の保存方法から栄養満点野菜スープレシピまで紹介しています

離乳食時期に便利!野菜の冷凍保存方法

離乳食時期、毎日その都度一食分を準備段階から作っていくのは、とても手間がかかります。子育てをしながら仕事をしている人にとっては、よりその気持ちが強いのではないでしょうか。
ですが、子どもの為にと必要な栄養分を摂取できるように、日々忙しい中離乳食を作っている方がほとんど。そこで、ここではそんな毎日の離乳食作りで役立つ、冷凍保存の方法をご紹介していきたいと思います。
離乳食の中で野菜を使わない日はありません。けれども使うのは少量。そんな時に便利なのが冷凍保存、いわゆるフリージングです。ちょっと使いたいな…と思った時にでもさっとすぐに出して料理に使う事ができるので、冷凍しておくと何かあった時でも常備してあるので、とっても便利ですよ。
この冷凍方法では、調味料を使わないので、大体1週間程度で食べきるようにしましょう。
野菜といっても食材によって方法は異なります。小松菜などの葉物野菜から、じゃがいもなどの根菜など、その食材に適した保存方法がありますので、今回は離乳食の中でもよく使うような野菜をピックアップして、それぞれについて解説していきます。
特に冷凍に便利な食材は、キャベツやニンジン・大根に玉ねぎです。これらの野菜は一度にぱっと茹でで下ごしらえしてしまうと、その時のゆで汁も『野菜スープ』へと変えてしまう事ができるので一石二鳥。冷凍におススメな食材です。
離乳食を作っている時に、「子どもが泣いてしまって大変!」「だっこやおんぶをしながらで大変!」と悩んでいる方、手を抜けるところは上手に抜いていき、楽しい子育てライフにしていきましょう。