離乳食 野菜の保存方法と栄養満点レシピ

野菜スープは離乳食の初期から後期まで使え万能スープです。野菜の保存方法から栄養満点野菜スープレシピまで紹介しています

離乳食を進める時のポイント

母乳やミルクを飲むことしか知らなかった赤ちゃんが、「食べる」ことを覚え、食事から栄養をとれるようになっていく過程を「離乳」といいます。


その練習期間に赤ちゃんが食べるのが離乳食です。

離乳は5・6ヵ月頃からおよそ1年くらいの期間をかけて、赤ちゃんの様子を見ながらすすめていきます。

離乳をすすめるにあたって大切なことは、まずは口の発達を促すことです。

母乳を「飲む」のは生まれながらにできますが、「食べる」という口の動きは実は学習して覚えていくものです。


上手に離乳をすすめるには、赤ちゃんの口の動きの発達に合わせて、食べる動きを促してあげることが大切です。

その時期の赤ちゃんに合った固さ・大きさのものを、赤ちゃんの口の動きに合わせて食べさせてあげましょう。

次に赤ちゃん本位ですすめることが大切です。

大人にも食事の好みや食べる量の違いがあるように、離乳のすすみ具合も赤ちゃん一人ひとりで違います。


早くすすめればいいというものではありません。

月齢はあくまで目安であって、赤ちゃんの様子をよく見て、赤ちゃんに合ったペースですすめることが大切です。

そして赤ちゃんに食べる楽しみを教えてあげましょう。

離乳食が始まると、どうしても食べる量やすすみ具合が気になるものです。

手間をかけて作った離乳食を食べてくれないのもママにはつらいものですが、食べさせようとあせったり、無理に食べさせようとするのは禁物です。

赤ちゃんが「食べるって楽しい!」と感じられるように、お食事タイムを一緒に楽しみましょう。